けもの4匹ゆるゆる生活+one
大分県は中津市☆癒しと雑貨、エネルギーアクセのお店店主natsuの日常。。


プロフィール


natsu

Author:natsu
小さな小さなお店を営む店主natsuと旦那さまtono、2匹のチワワの小さな小さな生活のあれこれです。



最新記事




最新コメント




最新トラックバック




月別アーカイブ




カテゴリ


未分類 (283)
つれづれ (62)
食べ物 (31)
学び (4)
犬 (15)
お庭 (7)
ナチュラルビューティー (6)
ハンドメイド (11)


メールフォーム


名前:
メール:
件名:
本文:



毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ


毎日の花色と四季の景色変わります



フリーエリア




フリーエリア




カレンダー


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


来て下さってありがとです。




画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)


フォロワー増えると人が増えます



検索フォーム




RSSリンクの表示




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



QRコード


QR


フリーエリア




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2014.04.30  四十九日のレシピ <<22:00


先日、観ました。

「四十九日のレシピ」

アタマから最後までほのぼのと、そしてキューッと切なく、いい映画でした。

ネタバレになってしまってはいけないのですが、永作博美さんが演じる役は、不妊に悩む女性でした。

先日も、何かの番組で不妊治療を頑張ったけれど妊娠せず、ある年齢に達した事で治療を辞めた方の話があっていました。
その方は、治療を辞めた今も、諦めたはずの別の人生を思っては辛くなるようでした。

今、子供を持たない人生をネタに出来る私も、辛さを抱えた時期もありました。
短かったけど(笑)

若い時、環境が整っていないと思ったり、子供自体が苦手でもある事から、
子供が欲しいと思わず、「産まない」事を選択しながら、日々を過ごしておりました。

まあ、「まだ、産まない」でしたし、
環境が整っていないという「思い込み」或いは「言い訳」でしたが。

年齢を重ねて、子供を産む事に対して肯定的になった頃、色々あって、今の血液の病気になり、普通には「産めない」身体になってみて、

「産まない」
のと、
「産めない」
の違い、その差の大きさに愕然としたものです。

子供を持たない事は、私だけの問題ではなく、家族みんなに影響のある事で、親に孫を抱かせてあげられない事、旦那さんに子供を持たせてあげられない事に、申し訳なく思ったモノです。
私はラッキーな事に、旦那さんは、私の身体に危険があると知りながら妊娠する事は望まない、子供がいる事よりも何事も無く私が生きている事を選択してくれました。
私の実母が、旦那さんの前で妊娠出産を普通に出来ない事に対して
「こんな欠陥人間でごめんね~」
と言った時にも、本気で母に怒ってくれました。
旦那さん一家にも恵まれ、義父や義母は何も言わずにずっと、今も暖かく見守ってくれていますので、身内から責められるような経験は無いし、あ、実母以外ですがね(笑)
友達もみんな風変わりな(笑)愉快で暖かい人々なので、何かツライ思いを人からさせられる事はありませんので、そうしたツライ思いをなさった方に比べると、随分イタミは少ないかと思います。

そして、そうした周囲の人々の豊かさは
私の「子供を持たない人生」をも豊かにしてくれています。
私が辛さを抱える時期が短くて済んだのはこうした豊かな人々に包まれた環境であることが大きいと思います。
この素晴らしい環境に改めて気づく事が出来た事も、子供を持たない事が与えてくれた大きなギフトです。

そして、

もはや自分のDNAかどうか、ではない友人の子供達の愛らしさ。

自分が産んだか、産んでいないかではない、子供との関わり方、子供への役割がある事。

夫婦愛。
家族愛。
友人愛。
犬愛。(笑)
上記しましたが、私を取り囲む全てへの感謝。

子供を育てる為の物凄いエネルギーを使う、実子の子育てとは違う使命がある事。

私に、
私だけに与えられたデッカいギフトの数々♡

妊娠しない、出来ない事で苦しんだり、悲しんだりなさっている方が沢山いらっしゃる事の方が、私にとっては悲しい事。

どれだけ幸せに生きていても、
負け惜しみや言い訳だと捉える方がいるとして、もう、それは別の世界の、考え方なんだ、くらいでいいと思います。
その人にとっては、それが幸せなんだから、それはそれとして受け止める。
自分が受け止めるように、相手が受け止められなくても。

違う考え方、生き方、価値観は、受け入れ、歩み寄れる側が愛の息を吹き込んで、カタチを変えてまた相手に返せばよいモノ。
悲しい、辛い、悔しい、そうした気持ちで受け取ったところで自分が自分をいじめるだけで、それって最も意味無いし(笑)
相手にそのまま返すのも、全く意味無いし。
だってさ、それって、ただのフノレンサだもんよ。
キョエー!
そんな中に身を置きたくない~‼︎
病気になっちゃう~(笑)

子供がいる豊かさと
子供を持たない豊かさは
別の豊かさだけど、どちらも豊かさである事には違いないし、

子供を持たない事で、その人の人間性が否定されるモノではなく、その人はその人であること、それだけで完璧!な訳だし。

それは、結婚も同じ。

結婚していても、いなくても、
豊かさがある。

この人生は、
この今は、

自分の選択の積み重ね、その結果だとしても、それでも納得のいかない、何か大きなモノに動かされているように感じる事がある。

それでも、それをも楽しんで、幸せになる力と、その権利を誰もが持っている。


私の幸せと、誰かの幸せは同じではないから、幸せをシェアして、より豊かな人生になっていく。

私の経験していない幸せを、誰かが経験し、互いに幸せを交換していくんだな~。

自分のDNAを持った子供がいなくても、私は豊かで幸せだ。
そして私には、自分のDNAを持った子供に捧げる分の愛を私の周りの愛すべき全てに、まだ見ぬ愛すべき全てに捧げる使命がある。

今苦しみを抱えている子供を持たない人生を歩む全ての人が1日も早く、その人の幸せを見つけられますように、願いを込めて。

スポンサーサイト


No.139 / つれづれ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 04/30のツイートまとめ / Home / 04/24のツイートまとめ →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。